読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリア旅行3日目

イタリア旅行

朝食はバイキングです。

はちみつをまるごと食べられます。食べなかったけど。

f:id:xibbar:20170121225118j:plain

海外の卵って黄身がレモン色ですよね。日本はオレンジ色です。 日本の色のほうが珍しいと思います。

f:id:xibbar:20161224073011j:plain

さて、この日は、最後の晩餐を中心として、ミラノを見学するツアーに参加してきました。 クリスマスイブのせいか、日本人しかいませんでした。

まず、エマヌエーレ2世のガレリアを通って、

f:id:xibbar:20161224101007j:plain

ミラノのドゥオモへ行き、

f:id:xibbar:20161224093708j:plain

レオナルド・ダ・ビンチの銅像に行きます。

f:id:xibbar:20161224102052j:plain

オペラの殿堂スカラ座です。

f:id:xibbar:20161224102429j:plain

スフォルツァ城。

f:id:xibbar:20161224113256j:plain

城内の市立美術館にある、目の見えなくなったミケランジェロが 死ぬ数日前まで掘っていたと言われるロンダニーニのピエタです。

f:id:xibbar:20161224112657j:plain

超有名な、レオナルドダビンチの最後の晩餐がある サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会。

f:id:xibbar:20161224120041j:plain

最後の晩餐は壁画です。フレスコ画じゃない描き方なのでかなり状態が悪い感じがしました。 これでも大分修復したとか。

f:id:xibbar:20161224122547j:plain

ミラノのドゥオモの中。

f:id:xibbar:20161224131303j:plain

ミラノのドゥオモはステンドグラスがきれいでした。

f:id:xibbar:20161224134500j:plain

ガレリアの真ん中にあるモザイクで3回まわってきましたよ。

f:id:xibbar:20161224140217j:plain

次の日のツアーとかぶらないようにどこか行きたいと行ったら、 運河の散歩を紹介されたので、ミラノに残っている運河まで行ってきました。

f:id:xibbar:20161224150139j:plain

このあと、ホテルに戻って寝ました。この時はまだ大分時差ボケなのでつらかった。

イタリア旅行2日目

イタリア旅行

フランクフルト空港で乗り換えです。 ミラノリナーテ空港行きに乗ります。 f:id:xibbar:20161223051908j:plain

こちらの乗り換え便は2時間弱しか乗らないのですが、全便ビジネスクラスです。 でも、短距離路線のせいか、ショボいです。 3席を2人で占有するのがビジネスクラスのようです。 ご飯もでました。ここから一気に洋風です。 f:id:xibbar:20161223090902j:plain

アルプス山脈を超えていきます。 f:id:xibbar:20161223092809j:plain

この尖った山、マッターホルンじゃないかと思ったのですが、 分かる人は教えて下さい。 f:id:xibbar:20161223093408j:plain

アルプス山脈を超えると、そこはもうイタリアです。 f:id:xibbar:20161223093548j:plain

とりあえず、バスでミラノ中央駅に行ってみました。

バスに乗る前に空港間移動しようとしている親子らしき日本人に話しかけられたのですが、 空港を間違ったようです。 ミラノは空港が3つあるのですが、一番近いリナーテに来てしまった感じでした。 うーん、マルペンサ空港に今から行くって、、、、 間に合わないんじゃないの???って思いました。 だって、リナーテから1時間以上かかるよ。そんなに余裕もってきてないでしょ?って。

f:id:xibbar:20161223111648j:plain

うろうろした結果、早いけどホテルにチェックインするかってことになり、 タクシーで移動しました。

休憩したあと、地下鉄でドゥオモ(大聖堂)に行ってみました。 f:id:xibbar:20161223144201j:plain

クリスマスマーケットをドゥオモの周りで開催しているので、パンを買って食べました。 f:id:xibbar:20161223151321j:plain

ホテルに戻ると、郊外は霧です。 f:id:xibbar:20161223154904j:plain

晩御飯はペンネにビールです。 f:id:xibbar:20161223170907j:plain

つづく。

イタリア旅行1日目

イタリア旅行

22日は息子の終業式。夜中の0:55発のフランクフルト行きに乗るべく、移動です。 4人で晩御飯を食べたあと、21時前の新幹線に乗って羽田に向かいます。

羽田は雨が降っていました。 f:id:xibbar:20161222225806j:plain

ラウンジでは息子はiPadでゲームしています。 f:id:xibbar:20161222235436j:plain

ビジネスクラスなので、フラットになって寝ることができます。 f:id:xibbar:20161223005034j:plain f:id:xibbar:20161223014756j:plain

ANAの食事は和食が最高です。 f:id:xibbar:20161223030807j:plain

つづく。

40歳になりました

つい先日の11月24日に40歳になりました。 いつまでも若くいたいと思っていたのですが、40歳は超えたくないとずっと思っていたのですが、 最近は40歳になっても、40歳までにやり残した感じはありませんでした。 強いていうならば、会社をもうちょっと成功に導きたかったのですが、 それはこれからの頑張りどころかと思っています。

23日の祝日に家に帰ると誕生日パーティーがサプライズでありました。 ケーキは食えないのですが、肉のテリーヌにろうそくを立ててありました。 (これはマジで写真に残しておけばよかった。)

家内と家族からのプレゼントは本2冊とネクタイです。

ネクタイは f:id:xibbar:20161202080635j:plain こんなので、早速使っています。

家内はこんな本をくれました。

糖質オフのやせる作りおき

糖質オフのやせる作りおき

とてもありがたい。参考になります。 低糖質をしている人は参考にするべき本ですね。

息子はなぜかこんな本をくれました。

「良い質問」をする技術

「良い質問」をする技術

「パパこういうの好きそうだから。」と言っていました。 意識高い系の本はある程度は読むのですが、 質問の本は全然読む気がしないので読んでませんでした。 せっかくもらったので、そのうち読んでみます。

40歳なんてオッサンだし、なるのやだなぁ~とか思っていたのですが、 若いときにそんなにやり残した感じがしないし、 家族に囲まれて幸せを感じることができて嬉しい限りです。

もちろんやりたいことはまだまだありますので、 これからもよろしくお願いします。

福島市IT技術勉強会を開催します

定期的に開催しているIT技術勉強会です。

10月はxamarin iOSを少しやったのですが、なかなか言うことを聞いてくれなくて 最後までチュートリアルをやるのを諦めて、 XcodeiOSチュートリアルをやりました。

その後、17時から懇親会を開催しました。

この勉強会は?

福島市にはIT技術系の勉強会がないようなので、定期開催している弊社の勉強会を 社外の方が参加できるように公開したいと思ったのがきっかけです。

この勉強会は福島市での継続したIT技術コミュニティを目指しています。 みなさんの参加をお待ちしております。

弊社はRuby on Railsを使ったウェブアプリケーションの高速開発が得意な会社です。 ですが、Ruby on Railsは社内でやっているので、それは置いておいて、 勉強会では基本的にメンバーが新しい技術に触ってみることをコンセプトにしています。 ハンズオンの形式で、チュートリアルを見ながら 簡単なプログラムを作っていくことを基本としています。

これからのIT技術に関して興味がある人、仕事をしている人は 情報交換のつもりで参加してみませんか?

場所

株式会社ラビックス

日時

2016年11月19日 10時〜17時

内容

今回はAndroidチュートリアルをテーマにしたいと思います。 Android Studioをインストールしてきてください。

懇親会

懇親会を開催する予定です。福島駅東口の居酒屋で17時から開催します。

参加したい場合

以下のconnpassのサイトから申し込んでください。

connpass.com

奨学金を払い終えました

ついにようやく奨学金を払い終えました。 f:id:xibbar:20161031183851j:plain 今からもう15年も前のことになってしまいますが、 私は奨学金の第一種無利子のものを月額84000円x24ヶ月借りていました。 私は学部時代は不真面目学生だったので留年してしまいました。 その後、5年生の時に目の色変えていろんなものに挑戦しはじめ、 あげくの果てに大学院へ行きたいとかいう気持ちになってしまいました。 これ以上親に迷惑をかけたくなかったので、奨学金を得て仕送りの一部にしていました。

それでも私は仕送りをもらっていましたので、全く親の援助をもらっていない学生よりは 恵まれていましたが、それでも奨学金を得られたのはとても助かりました。 将来、ちゃんとお金を稼いで返済しようと思ったものです。

matome.naver.jp

この記事によると、奨学金制度があるせいで、俺達は貧困になったと言っているようです。 もちろん問題はあるとは思うけど、この制度によって救われている人は 困っている人の何倍もいるのです。 こんなの社会問題でもなんでもなくて、ただの本人の責任だと思うのです。 奨学金が悪いとか言って政府や我々のような救われた人を批判するようなことは やめてほしいものです。このような社会活動をするエネルギーがあったら もっと世の中を良くする方法は無数にありますので、 マッチポンプしようとする悪い大人に耳を貸さずに 自分の将来のための投資をしてほしいものです。

時間は有限なので。

最後にもう一度。この制度に私は助けられました。