読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DELL PowerEdge840 RAIDのマシンにXenをインストール part2

Debian Xen

先日にDomain0の稼働はできたので、今度はDomainUを作成します。
ns2という名前で作成します。

DomainUの作成

4GBでLVMにDomainUを作成してみます。
すでにインストールした時にDomain0の/optのために
ボリュームグループvgを作っているので、
今回は論理ボリュームから作成します。
もしやりかたを知りたい人はコメントください。

lvcreate -n ns2_root -L 4GB vg

私はxfsが好きなのでxfsでフォーマットします。

mkfs.xfs /dev/vg/ns2_root

mkfs.xfsが無い場合はxfsprogsをインストールする必要があります。
/mntにマウントします。

mount /dev/vg/ns2_root /mnt

debootstrapをインストールします。

apt-get install debootstrap

/mntにDomainU一式をインストールします。DomainUは安定志向なので、
今回はsargeをインストールします。

debootstrap --arch amd64 sarge /mnt http://ftp.jp.debian.org/debian-amd64/debian

/mnt/etc/fstabを編集します。

proc       /proc  proc   defaults  0   0
/dev/hda1  /      xfs    defaults  0   0

/mnt/etc/hostname /mnt/etc/mailname /mnt/etc/hostsを編集して、ns2にします。
/etc/xen/autoを作成し、DomainUの設定ファイルであるns2.confを置きます。
autoに設定ファイルを置くと、/etc/init.d/xendomainsが自動起動してくれます。

kernel="/boot/vmlinuz-2.6.18-3-xen-amd64"
ramdisk="/boot/initrd.img-2.6.18-3-xen-amd64"
memory=256
name="ns2"
disk=['phy:/dev/vg/ns2_root,hda1,w']
root="/dev/hda1 ro"
vif=[ '' ]

ns2.confはこんな感じです。いつのまにやらDomain0用とかDomainU用とか
そんなカーネルがなくなって、統合されています。
この状態で起動してみると、

# xm create -c /etc/xen/auto/ns2.conf
Using config file "/etc/xen/auto/ns2.conf".
Error: Device 0 (vif) could not be connected. Backend device not found.

こんなエラーが出ます。ネットを探っているうちに、ど
うもブリッジインターフェースが
ないのが原因らしいというのがわかりました。丸一日かかりました。
死ぬ程原因をさがしましたが、なんのことはない、
debianxenを使うにはネットはブリッジを使うので、
bridge-utilsをインストールすればいいだけでした。

apt-get install bridge-utils

あとはxm create /etc/xen/auto/ns2.confを実行すると
DomainUを起動します。-cオプションをつけると、同時にコンソールに入ります。
Ctrl+]で抜けられます。xm console ns2でコンソールに入ります。

  • rootにパスワードが振られていないので振りましょう。
  • /etc/network/interfacesに何も設定がないので設定しましょう。
  • /lib/modulesと/lib64/modulesにカーネルモジュールをコピーしておきましょう。