読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節税対策のための生命保険

会社

会社の節税対策で、生命保険(低解約返戻金型逓増定期保険)というものがあります。
おそらく、利益がでてどうしようもないから節税するという
うちの会社の実態には全然そぐわないw保険だったのですが、
友人の保険屋さんの兼ね合いで入っていました。
会社は黒字を出すと4割税金で取られるのですが、
生命保険だと半分が経費になるので、その分が節税対策になります。
切りのいい数字で説明すると、
100万円黒字を出すと約40万円税金で取られるのですが、
月10万円の生命保険だと半分経費で落ちるので、
年間120万円の支払いで60万円が経費として落ちます。
すると、40万円しか黒字にならないので、税金は約16万円となります。
ちなみに60万円が積立金になって資産計上されますので、
手元のキャッシュは目減りします。これは注意が必要です。
この保険はすぐに解約すると返戻率きわめて悪いですが、
5年目ぐらいになると91%になります。
つまり、5年先の大きな資金が必要とされる支払いの為に
加入しておくのがベストなものです。
今回、キャッシュフローを回復するために解約したのですが、
4年と9か月保険料を支払って、返戻率は88%でした。まあまあです。

最近見積もりをした東京海上の返戻率の例

(私は31歳で、10年目にMAXになる保険の例)

1年目 0%
5年目 91%
10年目 98%
20年目 58%
28年目 8%

こんな感じで保険も様々です。