読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イキイキと田舎でプログラマとして生活するには

会社

すでに何度も受託開発をやるべきではないと書いた。
異論もあるだろうが、私の持論であって
ムッとしているあなたを否定しているわけではない。
受託開発で挫折したのは私であってあなたではない。
 
田舎でプログラマとして生活するためには
自社製品が必要だ。
サービスでもいいし、パッケージでもいい。
とにかく自社製品で自社で営業することを考える必要がある。
 
自社製品は売れている限り、顧客に対してベネフィットがある。
他の製品よりも機能が多い、使いやすいなど、
何らかのベネフィットがあるはずだ。
 
しかし、受託開発だと発注元が受け取るベネフィットは2つ。

  • 技術力の高さ(開発スピードや品質も含む)
  • 価格の安さ

 
これを踏まえて、地方で受注する場合に、価格が安い以外の
ベネフィットを出すのは難しい。
世の中広いので、技術力の高い会社は東京で見つけられる。
しかし、東京では安い会社は存在できないので、
安い仕事は地方に流れてくる。
 
こうして東京の下請けを地方でこなすだけということでは続かない。
親方はソフトウェアを開発するのが仕事なのではなく、
売上が上がる仕組みを開発するのが仕事である。
 
親方は売上が上がる仕組みを開発して、
はじめてイキイキと生活出来るのだと思う。
 
福島の田舎Ruby親方はまだ道の半ば。
 
ではまんつ。