読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャンスなのかデスマなのか

会社

神田昌典いわく、

20代後半から30代前半に、子供から大人になる2年間
の修行の時期が訪れることが多い。

人によっても若干年齢は違うのだが、20台の後半に
西洋占星術ではサターンリターン(土星回帰)という2年程度
の時期がある。この時期は、自分の実力以上の仕事がふってきて、
どうしようもなく忙しくなったり、自分の適性ではない
仕事に関わらざるを得なかったりすることがある。
それに一所懸命取り組むと、飛躍的に実力レベルが伸びる。
大変だからとこの時期の課題から逃げると、次に飛躍のための
チャンスが与えられるのは、30年後。つまり60歳前後となる。
人生の節目で覚悟を決めて、逃げずに取り組み、成否よりも
体験を積み重ねることが大切である。

これをある人をデスマーチと呼び、ある人は試練と呼ぶ。
共通しているのは逃げれが次にチャンスが訪れるのは60歳であるということ。
すごく納得。
 
試練を乗り越えなかった人は使えない人と呼ばれるんだろうな。
もちろんうちの会社では使わないし。