読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社の目標と社員の目標

会社

考えさせられます。
私の社員のイメージは

  • 人生の一部を共有する家族のようなもの

なのですが、
世間一般的には

  • 会社の売上を伸ばす道具

と見られているようなフシもあって
ちょっと気がかりです。
まあ、私は自分の道を行くので、
他社はどうあれ関係ないのですが、
売上を上げるために
会社を身売りしたり、
合併したりすると、
その社員はどうなるんだろうと思ったりしまして、
私は社長だから社員を守る義務があると
思うのですが、
給料をまともに払ってもらえない人が
周りにはそれなりにいるようで、
なんだかなと思うのでした。
 
よく、経営者のゴール地点として、
会社の売却があげられるのですが、
それって社員としてみればどうなの?
というのを昔から思っています。
他の会社に買収されて、
ある日突然ちがう会社の社員となってしまい、
本社の意向で異動に同意しない社員は
解雇とかになったらかわいそうだと思ったのでした。
 
こう思うのは、うちの社員が福島が好きで、
福島を離れたくないと思っていること。
だからといって、福島にまともな転職先が
見つかりにくいことがあるとは思います。
 
とにかく、社員の意向は尊重してあげたいと
思っているのでした。
社員の意向とは、

  • 福島での雇用をずっとキープして欲しい

というのが強いです。地方ならではの要望ですね。
 
そりゃ、社員を馬車馬のようにこき使って、
ある程度の規模まで成長させて、
会社を売却するのが目標だったら
とっとと東京に行きますよ。
そっちのほうが近道だし。
そんなの嫌だから福島にいるんですよね。
人を蹴り飛ばしてのし上がるのは趣味じゃない。
 

  • 自分がやりたいことをやりつつ
  • 自分の子育ても尊重しつつ
  • 社員の意向も尊重しつつ
  • みんながそれぞれそれなりに有意義な人生を送る

ための器が会社だと思うのでした。