読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無事産まれました

日記


「コンニチハ、アカチャン
 ワタシガパパヨ。」
 
無事、女の子が産まれました。
twitterfacebook でメッセージをくださった方、
本当にありがとうございます。
 
地震があって以来、落ち着いて検診もできそうにないし、
秋田に疎開しようと決断して、福島から避難してきて、
一時はどうしようとか、会社はどうするとか
いろいろ悩み、模索してきましたが、
今日、無事元気な赤ちゃんが産まれました。

 
元々は福島で産むつもりだったのですが、
原発が不穏なこともあって、安心出来る秋田に
避難することにしたのが3/18。
すぐに、地元の病院の受け入れができないことがわかり、
ちょっと遠いのですが、秋田大学医学部附属病院に
受け入れて貰えることに決めました。
1人目が帝王切開だったので、2人目もリスクを回避して、
帝王切開をすることになっていました。
その予定日が、4/12でした。そしたら、一昨日の4/7に
4/12は予定が組めなくなり、急遽明日ではどうかとか
言われました。ちょ(ry ということで、
近所じゃないので、延期をお願いして、4/15になりました。
 
そしたら、昨日の大きな地震
秋田は全域で停電しました。病院の提案では
手術は昨日だったんですよ。よかった。
弟の命日が長女の誕生日ってのもアレだし。
 
昨日は子どもが19時頃に寝て、私も家内も寝落ちしていました。
夜中の12時ころに目を覚まして、
風呂に入り始め、仕事でもしようかと
ゴソゴソやっているうちに、3時過ぎに家内が、
ちょっとやばいかも。痛みがいつもと違うのが
定期的に来ていると言います。
すぐに病院に電話して、様子を見ることになりました。
そうしているうちに、5時過ぎに破水してしまい、
ああ、もう行かなきゃということで、
6時前に病院に向かって出発しました。
すぐに帝王切開となると思いきや、
なんだか病院が揉めています。(8時ころ)
医大病院が、地震の影響で予備発電機が壊れて、
手術室が使えない。ということがわかりました。
急遽、他の病院へ転院することになりました。(9時ころ)
搬送は救急車になりました。(10時ころ)
やった!俺、救急車に乗れる。
と思ったら、
「旦那さんは車でついてきてください。」orz
秋田組合総合病院に転院してきました。
ここって土崎にあったんですね。
救急の入り口から中に入って行き、
すぐに病室へ向かいました。
張り止めの点滴を受けて、
そのまま手術室へ向かいました。(11時ころ)
疲れて寝ている間に、看護師さんに起こされ、
そろそろ赤ちゃんが来ます。とのこと。
通りかかるときに見せてもらいました。(12時ころ)
開腹したのでその後の処理のほうが
時間がかかるのはいつものこと。
そのうち家内が病室へ戻ってきました。(13時ころ)
 
長男や私の両親も到着し、お披露目出来ました。
その後、家内をおいて、実家に帰ってきました。
 
なかなか2番目ができずに、諦めかけていましたが、
このように新しい命に対面する感動を
ふたたび味わえたのは至極の喜びです。
ご心配くださった方、会社のメンバー、本当にありがとう。