読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流れる灯りを表現したい

Ruby 組込

仙台は光のページェントの影響もあって、
国分町もキラキラしています。

そこで、id:xibbarはこれを見てきれいだと思いました。
 
・ 
・ 
・ 
・ 
 
作れんかな?
 
・ 
・ 
・ 
・ 
 
んでつくってみたのがこちら。

もちろんRubyで制御してますよ。

#!/usr/bin/env ruby

require './ftdi'

ftdi=FTDI.new
p ftdi.usb_open(0x403,0x6001)
p ftdi.set_bitmode(0xFF,FTDI::BITMODE_BITBANG)
WAIT=0.05
loop do
  p ftdi.write_data 0x00
  t=Thread.new do
    (0..7).each do|n|
      ftdi[n]=true;
      sleep WAIT
    end
  end
  sleep WAIT*3
  (0..7).each do|n|
    ftdi[n]=false;
    sleep WAIT
  end
  t.join
  sleep 2
end

FTDIのドライバは私が作り始めたばっかりなので、未公開。
秋月のFT245RL(パラレルポート)のキットと、
ブレッドボード、抵抗、LEDと配線でできています。
USBでIO制御するのは結構楽しい。