読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なでしこジャパンの佐々木監督の講演を聞いてきた

会社

基本的に講演で無駄な時間を潰すのは嫌いなので、
私は実績のある人の話だけを聞きます。
会社立ち上げ当初は異業種交流会とか講演会とか
よく行ったのですが、大半は時間の無駄でした。
今回はワールドカップを優勝し、世界一を勝ち取った
圧倒的な実績のある監督の話なので、
そのプロセスに興味があって聞きに行ったわけです。
 
なでしこジャパンが世界一をとるために
どのようにチーム作りをしてきたかを
聞けるいい講演会でした。
 
昔からそうなのですが、私は人を
何を言っているかで評価しません。
言っている人がこれまで何をしてきて、
今は何をしているのかで評価します。
口だけの人は全く評価しません。
 
出来ると言いながらも、実際にやるとなると
できない人のなんとまあ多いことか。
 
まあそんなこんなで、
私は口だけの人は嫌いで、
行動で示す人のみ耳を傾けるわけです。
 
ノウハウ本を1冊読むよりも、
人の伝記を10冊読んで、人の経験が
自分の骨に染み渡るのですよ。
 
さて、私は 

  1. その人が今がどうであるのかを見て、
  2. その人が何をしてきたのかを見て、
  3. はじめてその人の経験に触れたいと思い、

伝記を読むのです。
というわけで、今読んでいる本はこれ。

采配

采配

プログラムもRubyできますと言っている人と
こんなプログラムを書きましたって言うのでは
100倍ぐらい経験値が違うでしょ。
 
講演会の最後に、ワールドカップのダイジェストを
ビデオで放映されて、感動を思い出しました。
よかったなぁ。