読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまさらながら始めるMacでPICプログラミング

組込

最近のPICはMacでC言語でもプログラミングが大分できるようになりました。 とりあえず用意するものは、 PICKit3 があればPICに書き込めます。 あとはPICとブレッドボードジャンパーワイヤーですね。

今回はPICはPIC12F683にしました。 1個100円なので、 10個ぐらい買っても1000円にしかなりません。

書き込みはIDEから行いますので、 MPLAB XXC8をダウンロードします。

PICKit3は挿しておくとMPLAB Xで起動した時に自動的に認識してくれます。 XC8もインストールしておくと自動的に認識してくれます。

PICとPICKit3(私のはPICKit2ですが。。。)の配線はこんな感じです。

  1. PICのMCLR
  2. PICのVDD
  3. PICのGND
  4. PICのICSPDT
  5. PICのICSCLK

にそれぞれ繋ぎます。 PIC12F683のピンの役割についてはこちらが詳しいです。

f:id:xibbar:20130911234132j:plain

MPLAB Xのこのボタンで書き込みます。(今回はIDEとかPICのプログラミングの方は省略。)

f:id:xibbar:20130911235520p:plain

簡単になったもんです。 AKI PICとかで書き込む必要がないんですねぇ。