読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

与沢翼は経営上、何がまずかったのか

経営 会社

ネタかもしれないものに、経営歴12年の経験でレスしてみます。 見た感じ、経費にならないものを買っているのが一番大きい気がします。 キャッシュがあるからといってとっておかないとこうなります。

2013年8月期決算の法人税、住民税、及び事業税2億5千305万の支払いのうち約1億1千万円並びに2012年8月期の修正申告分の税として8940万7200円を追加で計約2億円支払い、並びに2014年8月期決算予定納税の一部を支払い、フリーエージェントスタイルの資金が完全にショートしました。 そのため、今日時点において、既にフェラーリロールスロイスベントレー3台を売却し、住宅なども全て解約しております。 <

華やかな生活を演出して、アフィリエイターやスタッフは仕事を集めたり、 本を売るのが目的だったのでしょうか。でも、これらの車などは資産計上しなければならないので、 短期的な経費にはなりませね。キャッシュがあっても減価償却が少ないものを買うとこうなります。

1億円分新車を買っても5年の耐用年数なので、2000万円しか経費にならないので、 残りのキャッシュ8000万円を補填するためには1億6000万円の利益が必要ですね。死ねます。 資本金が2億ぐらいあるか、融資で1億引っ張らないと、まともには払えないですね。

黒崎ビルに約5000万の敷金が収められており、黒崎ビルが差し押さえられれば、信用不安で事業継続は不可能であると考え、残金をかき集め、2月5日ごろまでにおよそ8000万を即時、納税しました。 <

敷金というのは経理上、ただ金を貸しただけの状態ですので、全く経費になりません。 つまり、5000万円が財布から消えた状態になりますので、この5000万円を補填するためには1億の黒字が必要ですね。 もしくは1億円ぐらいの資本金があるか、それとも融資で5000万円引っ張ってくるか。そうじゃないと死ねます。

自分のビジネスモデルやメディアでの演出のための支出、迫り来る、無限ループに思える税金に、精神的にも物理的にも限界に達していました。 お金持ちを演じることを期待されているのに、もはやお金がない。 この状況は、心底きつかったです。 <

ここに無限ループに思える税金とありますね。償却できない資産もしくは償却しにくい資産を購入して、 それを補填するためのお金に会社の利益を期待するとこうなります。

さっきも書いたとおり、資産計上されるとそれをキャッシュで補填するためには使った金額の倍の利益が必要になります。

まとめ

ちゃんと経理ができないとこうなります。 税金の無限ループというのはよくわかる話です。 ほしいと思ったものは経費では買えないことが多々あります。

与沢さんもまだ2回めの失敗程度なので、また再起して頑張ってほしいと思います。

私は12年やっていますが、致命的な経理上の失敗はしてきませんでした。 小さい失敗を数多くはこなしていますが、経理の失敗で会社が傾くことはありませんでした。 経理とか簿記とか全く知らなかったので、 今もお世話になっている会計事務所の人に教わりました。 最初は手書きで。2年目から弥生で。それで知らないことは全部聞きました。 最初は、領収書の印紙は誰もちなのかというあたりから始まりましたね。 そもそもクレと言われるまで、領収書に印紙が必要なのも知らなかったんです。

現在でも、ラビックスと関連会社、私個人の経理も全部自前です。 税金の計算だけ間違えたくないので、年に2回、年末調整と決算だけは お願いしています。それ以外のアドバイスもいただいています。 納税が必要なタイミングで電話を頂いています。 「忘れないでくださいね。」と。

今の担当の方にお願いできたのは、 私が起業してとてもラッキーだったことの一つですね。

うちは普段の経理はパートさんが入力し、私がチェックしています。

さて、脱線しましたが、経営者というのは経理は知らなければなりません。 他人に任せられません。他人に任せると、自分の方針とは必ず食い違います。 ですので、必ず勉強した方がいいです。 私が最初に感心したのは稲盛和夫実学でした。今から11年前に 福島駅西口インキュベートルームで読み、それから自分でも買いました。

稲盛和夫の実学―経営と会計

稲盛和夫の実学―経営と会計