読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誕生日でした

昨日、11月24日は誕生日でした。 facebook方面では、多数のおめでとうメッセージありがとうございます。

東日本大震災では、「ああ、人ってこんなに簡単に死んじゃうんだ。。。」 と思うようになった方が多いと思います。 私はそれより早い、2006年に思いました。 4月に、弟が車を運転して川に転落して、急に亡くなりました。28歳でした。 病気も何もない健康な人間でも、こんなに簡単に死んじゃうんだと痛感しました。 心にぽっかり穴が空くというのはこういうことなんだと思いました。

一週間、葬式やらなんやらで忙殺されていました。 その間に第1回日本Rubyカンファレンスの受付が終了してしまい、 角谷さんにどうにかならんのかというメッセージを送った記憶があります。 (ちなみにこのときは追加発売されたので参加出来ました。)

その後、日曜日にRails勉強会@東京に参加したときは、 みなさんに驚かれたのと同時に、大丈夫ですか?と声をかけられた記憶があります。 (moroさんとかshachiさんとかだった気がする。)

さて、38歳ということは亡くなった弟よりも10年長く生きることができました。 今を生きられることは、とてもありがたいことです。 人間、あっという間に死んじゃうんで、一日一日を大切に生きなければなりません。

先日、NHKの番組で、ワルシャワ蜂起のドキュメンタリーを見ました。 トラフチカさんという元女性兵士がドキュメンタリーの中心でした。 未だに上司に命ぜられた最後の任務、部隊14名を埋葬するために活動していました。 「人間というのは、生きた証を残すことが最も重要なことなの。」と言っていました。 最近思います。私も生きた証を残さなければならないと。 これからも精一杯生きなければなりません。その義務が私にはあると思っています。

これからもよろしくお願いします。