読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうやれば1300万円も税金を滞納できるのか

会社

を見ると、税金の滞納額が1300万円だとか。 普通に考えると、小さい会社がこんなに滞納するだけの納税義務は発生しません。 どうしたのかというと、2000万円以上黒字だったんでしょうね。 なぜそのような決算をしたのでしょうかね。 赤字でいいじゃないの。って思うのですが、何かあったんでしょうね。

仕掛りが6000万円ということは、つまり、帳簿上の在庫が6000万円ということです。 仕掛りを増やすと、帳簿上の見た目の利益を増やすことが出来ます。 そうすると、決算は黒字になり、見た目はよくなりますが、 税金ががっぽりかかります。つまり、これでしょうね。

仕掛り6000万で黒字2000万ということは、 実際のところ本来は4000万円の赤字だったんでしょうね。 これを一般には粉飾決算と呼びます。

上場企業で億単位の話になると大騒ぎですが、このくらいの微妙な金額だと 騒ぎにはなりませんが、粉飾でしょうね。