読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rubyでサーバを作ってクライアントにデータを配信 vol.4

Ruby

スレッドなどでそれぞれ待ち受けるという手もありますが、 IOの入出力を待つ手段としては一般的ではないようです。 IOの動きを監視して待ち受け、動きがあったら場合分けをして 処理をするのが一般的なようです。 これをReactorパターンといいます。 IO.selectで配列を引数に入れると、 引数で入れたものに動きがあるまで待ち続けます。 動きがあると、次のステップに進むので、そこで場合分けをして処理をします。

require "socket"

port = if ARGV[0] then ARGV[0] else 'echo' end
gate = TCPServer.open(port)

sockets = [gate, STDIN]
clients = []
loop do
  r_sockets = IO.select(sockets+clients)[0]
  r_sockets.each do |socket|
    case socket
    when STDIN
      str = socket.gets
      clients.each do |client|
        client.puts str.upcase
      end
    when TCPServer
      client = socket.accept
      clients << client
      p clients
    when TCPSocket
      unless socket.eof?
        str=socket.gets
        socket.puts str.upcase
      else
        socket.close
        clients.delete(socket)
        p clients
      end
    end
  end
end

gate.close

いくつも同時に接続して、配信可能です。 f:id:xibbar:20150817141657p:plain