読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポテンシャルがあるかどうかを判断する必要なんてないんじゃないか?

定期的に読んでいるブログに面白いことが書いてありました。

blog.tinect.jp

年末の12月、Windowsタブレットアプリを外注しました。 弊社、ソフトウェアの製作を外注したのははじめてです。 もちろんクラウドワークスを使いました。 そこで数名が手を上げてきたのですが、卒業間際の大学生がいて、 Unityで提案してきて、なかなか感心したのでこちらの学生に頼みました。

他の方と違ってgithubも普通に使うし、sqlite3を使うという条件も グダグダ言わなかったし、slackでの会話も問題なかったので気に入ったためです。 コミュニケーションのとり方をこちらに全部合わせてもらえるのは助かります。

卒論が重なっていて、こちらの準備不足もあって、 1月に完成予定が2月上旬になってしまったのですが、予定が延びたのはお互い様でしたし、 それ以外は全然問題もおきませんでした。 この学生さんにはトータル35万円の開発費を支払いました。 卒業前のアルバイトとしてはなかなか良いものではないでしょうかね。 彼はもうすでにUnityでゲームを作れるレベルでしたので、どこでもやっていけるでしょう。 とても感心しました。

さて、ポテンシャル採用から実績採用へというブログのタイトルです。 実は学生というのは遊びきる学生もいますが、そうじゃない学生もいます。 学生時代とは、なんらかの実績を積んでおくというのが 無限にできる期間でもあります。このような学生と出会えて、 ますますデキる人とデキない人の差が広がってきているんだなと痛感しました。 私も出来る人であり続けるように努力しないとと思った次第です。

先日、小学校卒業間際の息子に「パパ~、僕、パパみたいにプログラム作れるようになるかな〜?」 と聞かれたので、「ならないと思うよ。」とバッサリ返してしまいました。 「だって、お前、もう中学生だろ。作れる人はすでにもう作っているよ。」 プログラムを作れる人はそんな質問しないですね。 作りたい人はすでに本読んだりネット見たりして作り始めています。 その後、息子がiPhoneアプリの作り方の本が欲しいようだったので 買い与えたところ、ちょっとずつ作ってみているようです。

やさしくはじめるiPhoneアプリ作りの教科書 【Swift 3&Xcode 8.2対応】 (教科書シリーズ)

やさしくはじめるiPhoneアプリ作りの教科書 【Swift 3&Xcode 8.2対応】 (教科書シリーズ)

私に「お前はプログラムを作れるようにはならないよ。」と言われたのが大分ショックだったようで、 少しづつ目標に近づく努力をはじめたようです。 最初に「変数というのは何か?」みたいな質問が出てきて、おお!っと思いました。 何も動かずに、プログラムを将来作れるようになれるかと悩むより100倍増しです。

いつかなれると思っているだけの人は永遠になれない。 すでに目標に向かって動き始めている人しか望みを掴めないと思った次第でした。

さて、表題にもどってみると、技術職において、こいつは伸びそうだとか判断する必要なんて まったくなくて、会社が個人を教育してくれる時代なんてとっくに終わりました。 新卒も中途と同様に、何をしてきたかを見れば判断できます。 そういう意味で、ますます技術職の格差も広がってきているんだなと思いました。

イタリア旅行10日目

イタリア旅行

この日はもう帰国です。

ローマからは電車で空港まで移動します。チケットの買い方とかなかなか緊張したけど、 無事空港までつけました。全部ビジネスクラスなので、ラウンジが使えます。 とりあえず、食う。

f:id:xibbar:20161231081219j:plain

ルフトハンザもビジネスクラスなのでメシが出ます。しかし、短距離路線のビジネスクラスはマジでしょぼい。

f:id:xibbar:20161231153558j:plain

ローマからミュンヘンの便の中で日本時間の年越しを迎えました。その瞬間の記念撮影。

f:id:xibbar:20161231160000j:plain

ミュンヘンからはANA便です。やっぱりANAビジネスクラスは最高です。 メシもいいし。蕎麦がちょっとだけあったのが 年越しそばを食べていない私には嬉しかったなぁ。

f:id:xibbar:20161231225436j:plain f:id:xibbar:20161231230422j:plain

ってことで、だいぶ疲れましたが、イタリア旅行楽しかったです。

子どもが大きくなって時間に余裕ができたら夫婦で行きたいものです。

ちなみに、このあと羽田空港から小松行きに乗り換えて、 家内の実家に帰省するというまだ旅は終わらないみたいなことをしていました。

夜中に目が覚めて、朝の3時にクリーニングとか行ってましたよ。

イタリア旅行9日目

イタリア旅行

前日にピクルスを買いました。でかい瓶に入っていて、 割れるか心配でしたが、思い切って買ってしまいました。

f:id:xibbar:20161230063416j:plain

朝食はこんな感じ。無理してモッツァレラチーズを大盛りにしてます。

f:id:xibbar:20161230064619j:plain

この日はバチカンです。博物館の方から入りました。こういうときはツアーって便利ですよね。 普通に並んでいる人はものすごく並ぶようです。

f:id:xibbar:20161230080603j:plain f:id:xibbar:20161230085154j:plain f:id:xibbar:20161230090844j:plain f:id:xibbar:20161230091636j:plain f:id:xibbar:20161230092804j:plain f:id:xibbar:20161230101203j:plain f:id:xibbar:20161230102304j:plain f:id:xibbar:20161230103400j:plain f:id:xibbar:20161230104657j:plain

さて、混ざっていたツアーはこれで終了です。飛行機付きのツアーのみなさんは 午後の便で日本に帰ります。我々はもう1日だけホテルに滞在があります。 なので、午後からはローマ発祥の地である フォロロマーナの丘を散歩しました。

f:id:xibbar:20161230134435j:plain f:id:xibbar:20161230135759j:plain f:id:xibbar:20161230142226j:plain f:id:xibbar:20161230144033j:plain

コロッセオのとなりなので、また来てみました。

f:id:xibbar:20161230151535j:plain

町中が遺跡だらけで、もうよくわかんないくらいあります。

f:id:xibbar:20161230153844j:plain

晩御飯はホテル近くのレストランで、パスタとワインにしました。

f:id:xibbar:20161230182938j:plain

イタリア旅行8日目

イタリア旅行

この日は一日自由行動の日なので、私は別にオーダーしたツアーに参加して ポンペイに行きます。ポンペイってのは火山に埋もれて一瞬にしてなくなってしまった 古代の町です。ポンペイは来てみたかった。

バスにひたすら乗ってナポリを通り過ぎると かつて噴火したベスビオ火山が見えます。 f:id:xibbar:20161229105100j:plain

ポンペイについてから見たベスビオ火山がこんな感じ。

f:id:xibbar:20161229112259j:plain

いろんなものが古代のまま閉じ込められていて、 とても状態がいい。でも、雨ざらしなのが気になります。 世界遺産が雨ざらしってどうなの?ってイタリアに来て ずっと思っていましたが、キリがないぐらい 世界遺産だらけなのでちょっとぐらい放置なんでしょう。

f:id:xibbar:20161229114536j:plain f:id:xibbar:20161229114712j:plain f:id:xibbar:20161229114854j:plain f:id:xibbar:20161229115115j:plain f:id:xibbar:20161229115752j:plain f:id:xibbar:20161229120317j:plain f:id:xibbar:20161229121017j:plain f:id:xibbar:20161229121617j:plain f:id:xibbar:20161229123217j:plain f:id:xibbar:20161229123240j:plain f:id:xibbar:20161229123616j:plain

最後は一瞬だけナポリによりました。 だけど、こんなのナポリに来たとは言い難い。 またナポリには来てみたいですね。

f:id:xibbar:20161229161517j:plain

イタリア旅行7日目

イタリア旅行

この日はローマに移動します。フィレンツェから意外と4時間かかります。 バスで移動中に、昼食はアグリツーリズモというらしく素朴な農家風レストランでした。 私は農家の出身なので、何もありがたくなかった。w

f:id:xibbar:20161228120152j:plain

昼食後もひたすらバスで移動し、最初にコロッセオに行きました。

f:id:xibbar:20161228144710j:plain f:id:xibbar:20161228151051j:plain f:id:xibbar:20161228151238j:plain

次はトレビの泉です。

f:id:xibbar:20161228161609j:plain

スペイン広場。有名らしいけど、ローマの休日見てないもんね。 そのうち見ないと。

f:id:xibbar:20161228164747j:plain

バルサミコ酢が最高です。

f:id:xibbar:20161228194122j:plain

ホテルはバチカンのすぐそばでした。いいところ。

f:id:xibbar:20161228203800j:plain

それで、相変わらず夜にスーパーマーケットに行って、物色してきました。 これはやめられない。どこに行ってもやってます。

f:id:xibbar:20161228215004j:plain

イタリア旅行6日目

イタリア旅行

この日は、午前中はウフィッツィ美術館、午後はフィレンツェのドゥオモのクーポラに登ります。 ドゥオモってのは町に1つある大聖堂のことです。 クーポラってのはその丸天井です。

まず、高台からフィレンツェの町を臨みます

f:id:xibbar:20161227080732j:plain

町はとても味わい深い古き良き町並みを大切にしている感じです。

f:id:xibbar:20161227084827j:plain

洗礼堂と鐘楼が見えます。後ろにクーポラもちょっとだけ見えます。

f:id:xibbar:20161227084905j:plain

ヴェッキオ宮殿です。

f:id:xibbar:20161227090008j:plain

ミケランジェロダビデがいました。 本物はアカデミア美術館にあるのですが、今回は行きませんでした。

f:id:xibbar:20161227090206j:plain

まず、ウフィッツィ美術館に行きます。 ウフィッツィ美術館は見るものが多すぎです。 美術品の宝庫ですね。

f:id:xibbar:20161227092543j:plain f:id:xibbar:20161227093254j:plain f:id:xibbar:20161227093508j:plain f:id:xibbar:20161227093953j:plain f:id:xibbar:20161227095340j:plain f:id:xibbar:20161227094509j:plain f:id:xibbar:20161227094910j:plain f:id:xibbar:20161227093001j:plain f:id:xibbar:20161227100041j:plain f:id:xibbar:20161227100637j:plain f:id:xibbar:20161227101633j:plain f:id:xibbar:20161227101940j:plain f:id:xibbar:20161227102141j:plain f:id:xibbar:20161227102414j:plain f:id:xibbar:20161227102947j:plain

外に出ると、またダビデくんがいました。

f:id:xibbar:20161227113453j:plain

ドゥオモに入ります。

f:id:xibbar:20161227115403j:plain f:id:xibbar:20161227115653j:plain

天井がこんなすごい絵がかかれています。 この上に午後から登ります。

f:id:xibbar:20161227120207j:plain

付属美術館に行って天国の扉の本物を見てきました。 f:id:xibbar:20161227125209j:plain

昼食は適当にパンです。

f:id:xibbar:20161227132519j:plain

クーポラは長蛇の列なのですが、前日に予約したので、さっと入れました。 いざ登ります。

f:id:xibbar:20161227134607j:plain f:id:xibbar:20161227135057j:plain f:id:xibbar:20161227135311j:plain

クーポラの上に出ると、それは絶景でした。 ピサに行かずにフィレンツェに残ったのですが、 ここに登れて良かった〜。

f:id:xibbar:20161227140250j:plain f:id:xibbar:20161227140439j:plain f:id:xibbar:20161227140209j:plain

さて、降ります。

f:id:xibbar:20161227143230j:plain

こんな名物はじめて知りました。

f:id:xibbar:20161227145400j:plain

変なエプロン売ってました。

f:id:xibbar:20161227154736j:plain

さて、このあとは町を歩くのが疲れたと息子がいうので、 バスでホテルに帰りました。

部屋に息子をおいて、私は、超大好きなスーパーでの買い物です。 地元のスーパー大好きです。フィレンツェはホテルの裏に スーパーがあったんです。

なんか、寿司売ってました。もちろん買ってません。

f:id:xibbar:20161227170207j:plain

和風調味料もたくさん売ってます。

f:id:xibbar:20161227173042j:plain

晩メシは適当に惣菜を買いました。メシ欲が特にないので適当です。

f:id:xibbar:20161227175601j:plain

魚介類は高いのですが、肉、チーズ、トマトは安かったです。 肉はうまくなかった。失敗。

つづく。

イタリア旅行5日目

イタリア旅行

この日はベネチアからスタートです。

ハム、チーズ、ベーコン、スクランブルエッグはどこに行っても朝食に必ずありました。 f:id:xibbar:20161226071433j:plain

ベネチアは水路が道路の代わりです。自動車は一切ありません。

f:id:xibbar:20161226082909j:plain

ゴンドラが見えます。私、ゴンドラってのはベネチアから山にでも行けるのかと思っていました。 あとで乗ります。

f:id:xibbar:20161226083011j:plain

サンマルコ広場です。雨季は水没するそうです。

f:id:xibbar:20161226083209j:plain

こんな感じ。こちらは私の写真ではありません。

http://art8.photozou.jp/pub/439/133439/photo/3588060_624.jpg

博物館に行きました。 イタリアは石で建物ができているのですが、ベネチアは杭の上に建っている町ですので、 軽くするために天井が木でできている部分がありました。

f:id:xibbar:20161226084546j:plain

博物館の中は見きれません。

f:id:xibbar:20161226091040j:plain f:id:xibbar:20161226091757j:plain

牢屋。

f:id:xibbar:20161226091536j:plain

裏玄関が水路です。

f:id:xibbar:20161226092252j:plain

ベネチアングラスを作っているところ。

f:id:xibbar:20161226094955j:plain

ベネチアングラスを展示しているところです。 とても美しくて、買おうかどうかすごく迷いました。 普段使いにできそうなサイズと形がなくて、 断念しました。

f:id:xibbar:20161226095424j:plain

さて、ゴンドラにのります。

f:id:xibbar:20161226105951j:plain f:id:xibbar:20161226110046j:plain f:id:xibbar:20161226111357j:plain

サンマルコ広場の鐘楼に登りました。 その景色です。

f:id:xibbar:20161226115351j:plain f:id:xibbar:20161226115422j:plain

リアルト橋からの景色。

f:id:xibbar:20161226122030j:plain

息子とリアルト橋。

f:id:xibbar:20161226122311j:plain

昼食はピザにしました。

f:id:xibbar:20161226123942j:plain

さて、ホテルに戻ってフィレンツェに向かいます。

f:id:xibbar:20161226131046j:plain

水上タクシーベネチアの大通り(水路)を通って バスに向かいます。

f:id:xibbar:20161226134946j:plain f:id:xibbar:20161226135158j:plain f:id:xibbar:20161226135234j:plain

フィレンツェに着いて、ホテルで夕食でした。

f:id:xibbar:20161226191102j:plain

肉がたくさんありそうに見えて、骨が多くて、 いきなりステーキ食いたい感じでした。w

f:id:xibbar:20161226193453j:plain f:id:xibbar:20161226193904j:plain

ベネチアは想像以上に完全なる水の上の町でした。 よくこんなところに町を作ったなと感心しました。 一見の価値があります。

つづく。