USBライトニングケーブルのバラツキを測定してみた

うちの娘に、iPadYoutubeを見ていると、ケーブル挿しているのに充電されないという苦情を受け、 USB充電器とUSBライトニングケーブルの調査をしたところ、ケーブルが悪かったので 計測結果をあげてみます。

充電器は、iPadについてくる10Wのものです。理論値で行くと、2A出ます。 ターゲットはわたしのiPhone XSです。電池残は40%ぐらいでした。

電流電圧の測定はこちらを使いました。今はもっと見やすいやつが出てそうですね。

アイネックス USB電源供給能力チェッカー KM-04

アイネックス USB電源供給能力チェッカー KM-04

  • 発売日: 2017/03/02
  • メディア: Personal Computers

測定したケーブルは、 Apple純正2本、amazon basicのケーブル1本、Ankerのケーブルたくさんって感じです。

写真を2枚ずつ貼っていきますが、iPhone側のコネクタをひっくり返して挿し込んでいます。 これがものすごくバラツキが大きい。

結論からいうと、劣化するんじゃないかと思っています。

Amazon Basicの新品(昨日はじめてつかってみたケーブル)

f:id:xibbar:20200526080855j:plain f:id:xibbar:20200526080913j:plain Amazon Basicは昔たくさん買ったのですが、軒並み充電されなくなって、あるときに全部すてました。 これは確か最近どうなってるのかなと思って、半年ぐらいに買ったのを出すのを忘れていたものです。

結果としては、かなりいいです。裏表とも1.94A出てますね。 ずっとこの電流が出ればいいのですが。

Hanyetechのケーブル

f:id:xibbar:20200526081146j:plain f:id:xibbar:20200526081133j:plain

今はもう売ってませんが、amazonで買いました。 1.17Aと1.62Aなので、裏と表でバラツキが大きすぎです。 HanyeTechは裏で充電できない事件が多発したので、 だいぶ昔にほとんど捨ててしまって、1本だけ残っていたようです。

ゴミ箱行き。

Ankerのケーブル

f:id:xibbar:20200526081015j:plain f:id:xibbar:20200526080936j:plain

1.56Aと1.53Aなので、ちょっと電流量が少ない。ゴミ箱行き。

Ankerのケーブルその2

f:id:xibbar:20200526081055j:plain f:id:xibbar:20200526081039j:plain

1.95Aと1.84A。ちょっとだけ裏と表でバラツキがありますね。 性能としてはそれなりに良い。

Apple純正ケーブル(iPhone XSについてきたやつだっはず)

f:id:xibbar:20200526081228j:plain f:id:xibbar:20200526081241j:plain

裏も表も1.84Aです。バラツキなしで、電流量もバッチリ。 昔のとくらべて、ケーブルが太くなったと思います。硬いし。

Apple純正ケーブル(昔のiPhoneについてきたやつ)

f:id:xibbar:20200526081327j:plain f:id:xibbar:20200526081342j:plain

1.56Aと1.57A。裏と表のバラツキはないけど、電流量はちょっと物足りない。ゴミ箱行き。

Ankerのケーブルその3

f:id:xibbar:20200526081435j:plain f:id:xibbar:20200526081448j:plain

1.5Aと0.73A。裏側の電流量がひどすぎ。使い物にならないので、ゴミ箱行き。

Ankerのケーブルその4

f:id:xibbar:20200526081518j:plain f:id:xibbar:20200526081533j:plain

1.46Aと1.46A。裏と表のバラツキはないが、電流量が物足りない。ゴミ箱行き。

Ankerのケーブルその5

f:id:xibbar:20200526081607j:plain f:id:xibbar:20200526081619j:plain

1.01Aと1.02A。裏と表のバラツキはないが、電流量が話にならない。ゴミ箱行き。

Ankerのケーブルその6

f:id:xibbar:20200526081651j:plain f:id:xibbar:20200526081706j:plain

1.82Aと1.65A。裏と表のバラツキが少し有る。電流量はまずまず。

TYPE-Cライトニングケーブルにアダプタ装着

を使って測定してみました。

f:id:xibbar:20200526082018j:plain f:id:xibbar:20200526082040j:plain

1.81Aと1.84Aなので、問題なし。

結果一覧

ケーブル種類 表の電流 裏の電流 合否
Amazon Basicの新品 1.94A 1.94A
HayneTech 1.62A 1.17A
Ankerその1 1.56A 1.53A
Ankerその2 1.95A 1.93A
Apple純正ケーブル(iPhone XS付属) 1.95A 1.93A
Apple純正ケーブル(昔のiPhone付属) 1.56A 1.57A
Ankerその3 1.50A 0.73A
Ankerその4 1.46A 1.46A
Ankerその5 1.01A 1.02A
Ankerその6 1.82A 1.65A
TYPE-Cライトニング+アダプタ 1.81A 1.84A

結論

もうないけど、HanyeTechはお話にならない。 いいと思っていたAnkerもバラツキが大きい。 ただ、昔のAnkerケーブルなので、いまどきの太いケーブルなら問題ないのかもしれない。 Amazon Basicの新品は、ずっと使えればいいけど、ちょっと不安。 純正も、昔のは電流が流れない。

最近Rampowが永久保証で気に入っているので、こちらを注文してみました。