読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LSIのRAIDモニターを使う

Debian MegaRAID

xibbarはMegaRAID i4が値段が下がってきたので、
これでRAIDを組むことにしました。
DebianにはMegaRAIDのRAIDモニターが見当たらなかったので
調べたところ、LSIのホームページのMegaRAID i4の項目には
該当するRAIDモニターはありません。しかし、
http://www.lsilogic.com/storage_home/products_home/internal_raid/megaraid_sata/megaraid_sata_300_4xlp/index.html?remote=1&locale=
のSATAのRAIDのところにはLinux用のRAIDモニターがありました。
使えるかなと思ったら、なんと使えてしまったので日記に書きます。
前提として、xibbarのRAIDはMegaRAID i4でPATAで8台まで使えるやつです。
OSはdebian sargeです。
まずMegaMon Linuxってのをとってきて、展開します。
展開するディレクトリをあらかじめ作っておきます。

mkdir MegaMonitor
cd MegaMonitor
unzip ../HWR_Monitor_Linux_3.8.zip

すると、MegaMon.zipとReadme.txtができるので、さらに展開します。

unzip MegaMon.zip

そうすると同じディレクトリにファイルがいくつか展開されます。
このうち、deb_rmonがdebian用の起動スクリプトなのですが、
改行コードがCR+LFなことと、1箇所修正が必要です。
まず、改行コードを直します。

mv deb_rmon deb_rmon.dos
nkf --unix deb_rmon.dos  >deb_rmon

以下のパッチを保存します。

--- deb_rmon.org        2007-02-10 11:12:39.223973776 +0900
+++ deb_rmon    2007-02-10 11:13:03.129467777 +0900
@@ -12,7 +12,7 @@
   start)
        megadevice="megadev0"
         rm -f /dev/$megadevice 2>/dev/null
-        megamajor=`cat /proc/devices|awk '/megadev/{print$1}' `
+        megamajor=`cat /proc/devices|awk '/megadev$/{print$1}' `
         mknod /dev/$megadevice c $megamajor 0 2>/dev/null
        echo -n 'Starting NetRAID Monitor:'
        MegaCtrl -start

パッチを適用します。

patch deb_rmon < ../MegaMonitar.deb_patch

rootになってからインストールします。

su
sh install -debian

これでインストール完了です。

lv /var/log/megaserv.log

にログが書かれます。syslogにも書かれます。

/etc/init.d/raidmon start

で起動します。

/etc/init.d/raidmon stop

で終了します。
ハードディスクが1台failすると、以下のようにログが出ます。

[02/10/2007 (11:24:45)]:
        Adapter 1 Channel 2 Target 0:

        Physical Drive[HDS728080PLAT20         PF2O] is Changed to FAILED.

交換してリビルドを開始すると、以下のようにログが出ます。

[02/10/2007 (11:29:06)]:
        Adapter 1 Channel 2 Target 0:
        Physical Drive[HDS728080PLAT20         PF2O]: REBUILD PROGRESS 1%