読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

税金が高い。。。

死んでしまう。

社会保険は給料の22%
所得税は給与60万で扶養者0だとして、8.1%
法人税は利益800万まで22%
そうか、黒字にして税金を払って留保した方が
得なステージまで会社が来たのか。それはうれしいことだ。
会社と個人事業者でどちらがお得か系の本には
結論としては会社の方が節税になると書いているんだけど、
大事なことを書いていないんだよね。
それは、最大の税金は
社会保険料」だということ。
これは給与の22%が問答無用で取られます。
これはマジで高い。
個人事業者は国保は8.5%、国民年金は1.6万ぐらいだったかな。
黒字になったら留保するしかないな、こりゃ。
本のバカさ加減をまとめなおしてやろう!
5年ぐらい前の本なのでちょっと古いですが、

本の嘘つきめ!
会社の方がずーっと金がかかるじゃないか。

利益が出そうな場合の処分方法

そういうわけで、利益が100万円出たらどうしようの話。
内部留保すると、税金22万円
役員賞与にすると、あれ?無課税に法律変わったの?
http://kaisya.law110.jp/005/post_7.html
うーむ。会計事務所は教えてくれなかったなぁ。
役員賞与にすると、社会保険料が22%、所得税が10%ぐらい。
というわけで、黒字を出すことでいいや。

まとめ

  • 黒字にして会社に留保するのが一番税金がかからない

穴がある

そういえば書き忘れていたけど、穴がある。
社会保険料には上限がある。
給与が月額95万5千円以上の場合には社会保険料は一定で、
17万1,140円だ。これ以上にはならない。
つまり、これを超えた金額については所得税のみになる。
95万円の人が100万円の役員賞与を受けたら、
22万8480円が所得税。。。あはは、やっぱり22%か。
でも、これはいけるな。

結論

  • 黒字にして会社に留保するのが一番節税になる
  • もしくは給与が月額95万以上の社長に役員賞与を払うのが節税になる

そんなにもらえねーよ。orz

さらにまとめると

  • やっぱり金持ちは優遇されている。
  • 給与が1000万以下の人はどうしようもない
  • ということは、1000万以下の人は会社を使って節税しよう
    • 自宅アパートを会社の寮扱いにするとか

計算してみたら大分違う。
給与20万の人が5万円のアパートを借りていて、
それを寮扱いにした場合、給与が15万になるわけだから、
所得税8400円が5250円になり、
社会保険44000円が33000円になる。
これだけで14150円の節税効果!