読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オブジェクトに特異メソッドをくっつけるいくつかの方法

Ruby

その1

もっとも一般的なやり方。

str="Hello World"

def str.say
  puts self
end

str.say

その2

特異クラスを定義して、その中でメソッド定義する

str="Hello World"

class << str
  def say
    puts self
  end
end

str.say

その3

moduleを定義して、extendする

str=String.new("Hello World")

module Say
  def say
    puts self
  end
end

str.extend Say
str.say

これはRailsでありがちな方法ですね。
まとめるのに便利かもしれません。

その4

特異クラスを定義して、class_evalしてしまう

str="Hello World"

class << str
  self
end.class_eval do
  define_method(:say){puts "hello"}
end

str.say

この方法、意外といいかも。
evalなんで、いろいろ使える上に、1.9だとスピードも速い。
 
ちょっと自分の中で整理したくて書いてみただけです。
あんまり役に立つ情報じゃないかもね。